2017年大会結果速報

 
 

2017年 第36回 東九州ボディビルディング選手権大会

    日時    平成29年7月9日(日) 
            会場            宮崎市民文化ホール(イベントホール) 
            主催            宮崎県ナチュラルボディビルディング連盟
            後援            全日本ナチュラルボディビルディング連盟
            実行            アスレチック関屋


報告:宮崎県ナチュラルボディビルディング連盟
理事長  関屋 知学

大会結果

メンズ ボディビル オープン            
        優勝        田中 ルーク        (エクセルフィットネスセンター)
        2位        高橋  哲也        (アスレチック関屋)
        3位        田中 章一郎        (エクセルフィットネスセンター)
        4位        小田  富義        (延岡トレーニングクラブ)


メンズ ボディビル エリア
        優勝        田中 章一郎        (エクセルフィットネスセンター)


メンズ フィジーク オープン    
        優勝        田中 ルーク        (宮崎 ・ エクセルフィットネスセンター)
        2位        大束  剛史        (宮崎 ・ アスレチック関屋)
        3位        池口  大和        (福岡 ・ 個人)
        4位        木村  淳         (福岡 ・ 個人)
        5位        崎田  勝紀        (宮崎 ・ エクセルフィットネスセンター)
        6位        与那城 博勝        (熊本 ・ 個人)

 

2017年 第34回 福岡オープン・

第16回 九州オープンボディビルディング選手権大会

 

平成29年9月3日(日)        大会実行        ラビットハウスGYM        吉野次雄
「コムシティー 7Fホール (子どもの館内)」

 

大会結果


メンズ ボディビル 福岡オープン

        優勝        山口  尊        個人
        2位        吉椿 秀生        ラビットハウスGYM
        3位        小田原雄一        エクセルフィットネスセンター
        4位        石田 智洋        ラビットハウスGYM
        5位        廣田健一郎        個人
        6位        山崎巽多郎        個人
        7位        坂  剛典        個人
        8位        藤本 義和        個人            新人賞        山田晴司

メンズ ボディビル 福岡オープン オーバー50
        優勝        藤本 義和        個人        

    2位        矢田部立身        個人


メンズ ボディビル 九州オープン

        優勝        山口  尊        個人
        2位        松永榮八郎        フィットネスジム アリス
        3位        吉椿 秀生        ラビットハウスGYM
        4位        小田原雄一        エクセルフィットネスセンター
        5位        石田 智洋        ラビットハウスGYM
        6位        後藤 徳仁        延岡トレーニングクラブ
        7位        廣田健一郎        個人
        8位        米倉 秀之        個人

   ベストポーザー賞        山口 尊

表彰式

メンズ ボディビル オープン

優勝 山口 尊
2位 吉椿 秀生
3位 小田原 雄一
4位 石田 智洋
5位 廣田 健一郎
6位 山崎 巽多郎
7位 坂剛典
8位 藤本 義和
もっと見る

​全日本ナチュラルボディビルディング連盟の理念

​全日ナボ連は反ドーピングの理念の下、薬物など一切の使用を認めません。

過去(使用したことがない)

現在(使用していない)

未来(これからも使用しない)

​ナチュラル100%の選手たちの集まりです。

※全日ナボ連は全日本大会において毎年ドーピングテスト(尿検査)を実施しています。