A.N.N.B.B.F.   2019年
第63回 全日本ボディビルディング選手権大会
第36回 福岡オープンボディビルディング選手権大会

第15回 鹿児島オープンボディビルディング選手権大会

令和元年10月13日(日)    鹿児島県薩摩川内市・川内文化ホール
                          (大ホール)

挨   拶

全日本ナチュラルボディビルディング連盟  理事長   高 橋   威

 2019 年第 63 回全日本ボディビルディング選手権大会・第 36 回福岡オープンボディビル ディング選手権大会・第 15 回鹿児島オープンボディビルディング選手権大会を薩摩川内市に おいて開催されるにあたり、ご挨拶申し上げます。1954 年から活動をはじめボディビルディ ング並びにウェイト・トレーニングの普及発展を図り、日本国民の体位向上と健康作りに広く 貢献していくことを目的として活動を続けてまいりました我が全日本ナチュラルボディビル ディング連盟も 65 年の歳月を迎えました。

 近年、わが国においては、少子、高齢化、余暇時間の増大などの急速な社会変化に伴い、生

涯トレーニングの必要性が益々重要になってきているとともに、オリンピックをはじめとする世界的な各種大会で は、競技力向上などが大きな課題となっております。

 ボディビルディングやウェイト・トレーニングが競技スポーツにおける競技力向上や、また、一般の方の基礎体 力作りにおいて大きく寄与している現在、益々本連盟の意義と役割が大きくなってまいりました。このような中で、 全日ナボ連はボディビルディング並びにウェイト・トレーニングを通して社会に寄与できる心身の調和が取れた選 手の育成をはじめ、あらゆるスポーツの基礎体力を作り競技力向上に寄与するとともに、すべての人々の躍動感あ ふれる健康づくりに貢献することを目指し活動を展開して参りたいと思います。

最後になりましたが、本大会開催にあたり、ご尽力いただきました関係各位の皆様方、並びに各方面より寄せら れました多大なご厚情、ご支援に対し心より深く感謝を申し上げまして大会の挨拶とさせていただきます

挨   拶

全日本ナチュラルボディビルディング連盟 副理事長  鮫 島  康 夫 

 2019 年第 63 回全日本ボディビルディング選手権大会・第 36 回福岡オープンボディビル ディング選手権大会・21 年ぶりに復活開催となります第 15 回鹿児島オープンボディビルディ ング選手権大会を、私くしの地元であります薩摩川内市で開催出来る事は関係者にとりまして この上ない喜びであります。 本日出場される選手の皆様は競技スポーツとしてのボディビルディングを目指し自己の限界 まで筋肉を鍛えあげ節制された食生活の中、今日ここに筋肉美を披露し会場の皆様に感動を与 えてくれる事と思います。

 バーベル、ダンベル、トレーニングマシンといった器具を使った筋力トレーニングは、ボディビルディングの他 各スポーツ競技の選手が体力作りや競技力向上の為行なうものや、老若男女目的に応じて健康作り、体力作り、精 神力作りと生涯スポーツの振興に大きく寄与しております。

 私共の連盟は日本においてボディビルディングが知られ始めた 1954 年(昭和 29 年)に、関西の地において発 足し、65 年の歴史と伝統を誇り、ボディビルディングを芸術性の高いスポーツ競技として捉え、何のスポーツに もルールがあるように大会に出場する選手はスポーツマン精神にのっとり守らなければいけない共通のルールがあ ります。これは「ドーピング禁止です。」反ドーピングの理念の下、薬物など一切の使用を認めません。3ない法 則として過去(使用した事がない)・現在(使用していない)・未来(これからも使用しない)ナチュラル 100% の選手達の集まりです。

 正しいボディビルディングの普及と発展の為に役員、選手は心をひとつにし、一致団結して我が連盟は元より日 本のボディビル界の発展の為に頑張ってまいります。

 本大会の開催にあたり、御後援、御協賛、御協力を頂きました関係者、スタッフの皆様に深く感謝し、心から厚 く御礼申し上げます。

大会結果
大会総評

    全日本ナチュラルボディビルディング連盟

     副理事長

     審査委員会委員長

     大会実行委員長
      鮫島 康夫

 全日本ナチュラルボディビルディング連盟の歴史は、1954年(昭和29年)関西 ボディビル協会の発足に始まり、その後、全日本ボディビル協会~I.F.B.B. JAPAN~日本ボディビルダーズ連盟~日本ボディビルディング連盟~そして全日本ナチュラルボディビルディング連盟と名称を改め、65年の歴史を誇ります。

 本連盟は反ドーピングの理念の下、薬物など一切の使用を認めません。

過去(使用した事がない)現在(使用していない)未来(これからも使用しない)ナチュラル

100%の選手達の集まりです。毎年ドーピングテスト(尿検査)を実施しています。

 今回、第63回 全日本ボディビルディング選手権大会・第36回 福岡オープン ボディビルディング選手権大会・第15回 鹿児島オープンボディビルディング選手権大会を、鹿児島県薩摩川内市・川内文化ホール(大ホール)に於いて盛大に開催致しました。

開会式

大会会長挨拶
選手宣誓
もっと見る
集合写真
もっと見る

​メンズ ボディビル オーバーオール

清尾、山田、小野、知念の4選手、僅差の争い。

プレジャッジ

ポーズダウン

もっと見る

​表彰式

優勝 清尾 亨(52歳・福岡)

優勝 清尾 亨(52歳・福岡)

今年も一番の特長である大腿部は前面の大腿直筋、内側広筋、外側広筋と大殿筋、ハムストリングスに至るまで圧感で、バックポーズでは広背筋の広がり、細やかなカット、三角筋と上腕部のセパレーションも良く、又、ポージングも上手でベストポーザー賞とチャンピオンの栄冠に輝き5連覇を達成した。 今後、欲を言えば三角筋をもう一回りバルクアップし、前人未到の6連覇へ挑戦してほしい。

2位 山田 義徳(59歳・宮崎)

2位 山田 義徳(59歳・宮崎)

バランスが良く、肌も黒くして全体的に良くまとまっていた。 腹直筋も6パックに割れ込み、前鋸筋共に良かった。これと言って欠点はなくポーズも上手なので、今後更なる密度のある細かなカットが出たら迫力が増すと思う。

3位 小野 幸重(48歳・大分)

3位 小野 幸重(48歳・大分)

上半身は正面の大胸筋、三角筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、バックポーズでの広背筋の広がり細かなカット、三角筋後部に至るまでバルク、ディフニション、カット、セパレーションに至るまで他を圧倒していた。 問題の下半身は年々改善されて来ており、大腿部前面のカットもあったが、もう一回りのバルクアップが望まれる。又、下腿部の腓腹筋が細過ぎる。下半身が改善されたらもちろん優勝!!念願のタイトルを獲得して欲しい。

4位 知念 康成(48歳・沖縄)

4位 知念 康成(48歳・沖縄)

バルク、ディフニション共に良く、特に大腿部は前面、ハムストリングス、側面のカットも出ており、下腿部の腓腹筋は内側、外側とバルク、カット共に良かった。 昨年よりは絞り込んで来た感じはあり、バックポーズでの広背筋の広がりも良かった。欲を言えば、ポージングに迫力がほしい。

5位 相星 徹弥(47歳・宮崎)

5位 相星 徹弥(47歳・宮崎)

特長である腹直筋は6パックに割れ込み、前鋸筋に至るまでカットがあり出場選手の中で№1だった。三角筋と上腕部のセパレーションも良かったが、プレジャッジでのサイドポーズは上体を少しひねり審査員に良く見せる工夫がほしい。今後一回りのバルクアップとバックポーズでの広背筋の広がりがほしい。

6位 吉椿 秀生(44歳・福岡)

6位 吉椿 秀生(44歳・福岡)

調整良く絞り込んで来た。腹直筋も6パックに割れ込み、バックポーズでの広背筋の広がりも良かった。今後もう一回りのバルクアップ、特に三角筋を大きくしてほしい。

7位 甲 斐 三 博(54歳・宮崎)

7位 甲斐 三博(54歳・宮崎) 上半身のカットは圧感で、サイドチェストでの大胸筋の内側の細かなカットもあり、腹直筋も6パックに深く割れ込み、相星選手に引けを取らなかった。今後、バックポーズでの広背筋の広がりと大腿部のバルクアップが望まれる。

8位 崎 浜 良 雄(67歳・山口)

8位 崎浜 良雄(67歳・山口) 全日本大会の出場回数は最多で、常にメンズ ボディビル オーバーオールに出場し入賞を果たしている現役最古参の選手。今年も健在ぶりを発揮してくれた。全盛時に比べれば少しバルク、カット共に落ちた感じはあるが、それでも腹直筋と大腿部のカットは見事であった。 今後もオーバーオールでの連続出場と上位入賞の頑張りを期待する。

9位 山 崎 巽 多 郎(49歳・福岡)

9位 山崎 巽多郎(49歳・福岡) 今回は調整良く絞り込んで来た。バルクは十分で三角筋、上腕部は他の選手に引けを取らないので、もう一絞りしたら腹直筋のカット、全身のカットが浮き出てくると思う。 今後を期待する。

10位 真 野 朋 之(44歳・広島)

10位 真野 朋之(44歳・広島) 久しぶりにカムバックして来た選手。以前と比べ細くなった感じはするが、大腿部は内側広筋、外側広筋の発達も良く、腹直筋もカットが出ていた。マスキュラーポーズでの僧帽筋も目を引き付けた。 今後もう一回りのバルクアップとバックポーズでの広背筋の広がりがほしい。

11位 小田原

小田原 雄一(40歳・宮崎)

12位 山口

山口 尊(31歳・熊本)

13位 金城

金城 世剛(29歳・福岡)

入賞出来なかった「小田原 雄一(40歳・宮崎)」は、バランスが良く絞り込んで来た。バックポーズでの広背筋の広がりも良かった。
今後もう一回りのバルクアップが望まれる。
  

「山口 尊(31歳・熊本)」は、腹直筋のカットはあったが、迫力がなく、肌も白く、全身のカットがもう一つ。
ポージングは上手なので、調整次第では上位入賞間違いなし。
 

「金城 世剛(29歳・福岡)」は、本連盟へ初出場の選手。
バルクは十分でバランス、シンメトリーも良かったが調整不足で腹直筋のカットが出なかった。ポージングも上手なので、絞り込み次第では上位入賞が期待される。

ウィメンズ ボディシェイプ

腹直筋のカットの藤本、プロポーション、ポージングの石川、プレジャッジ、ファイナル共に同点。

プレジャッジ

プレジャッジ

ポーズダウン
表彰式1
表彰式2

ポーズダウン 

優勝 藤本1

優勝 藤本2

優勝 藤本 典子(56歳・福岡)

調整が良く絞り込んで来た。
腹直筋のカットもあり、6パックに割れ込んでいた。バックポーズでの広背筋のカットもあり、年々良くなっている。
プレジャッジのリラックスのサイドポーズの時、上体を少しひねり広背筋、ウエスト、ヒップラインを強調して見せる工夫が必要、又、肩の前後の厚みと丸みで外側へ張り出した三角筋が必要。

表彰式

2位 石川1

2位 石川2

2位 石川 千晶(37歳・宮崎)

全体のバランス、プロポーションと良く、三角筋の厚みと丸みもあり、サイドポーズでの広背筋、ウエスト、ヒップラインの見せ方も上手でポージング、表現力と素晴らしく、スター性のある選手。今年もベストポーザー賞に輝いた。
今後、腹直筋が6パックに割れ込み大腿部のカットが薄っすらと見えると、もちろん優勝。

​メンズ フィジーク

甲斐、田中、﨑田の3選手、僅差の争い。

プレジャッジ
ポーズダウン1
ポーズダウン2
表彰式1
表彰式2

プレジャッジ

ポーズダウン

​表彰式

優勝 甲斐 文雄(45歳・宮崎)

優勝 甲斐 文雄(45歳・宮崎)

全日本大会初出場の選手。筋量もありスケール大きく感じさせた腹直筋も6パックに割れ込み、下腿部の腓腹筋も内側、外側と筋量があった。

2位 田中 ルーク(48歳・宮崎)

2位 田中 ルーク(48歳・宮崎)

上半身は昨年よりも一回りバルクアップし、調整も良く絞り込んで腹直筋は6パックに割れ込み前鋸筋のカットがあった。 欲を言えば下腿部の腓腹筋のバルクアップが望まれる。

3位 﨑田 勝紀(38歳・宮崎)

3位 﨑田 勝紀(38歳・宮崎)

プロポーション、バランス共に良く、三角筋の厚みもあり前部、中間、後部とバルクがあり、バックスタンスでの広背筋の広がりも良かった。 上位2選手と比べ、腹直筋のカットがもう一つで僅差で3位になった。来年はチャンピオンに返り咲いてほしい。

4位 井上 大輔(47歳・兵庫)

4位 井上 大輔(47歳・兵庫)

肌も黒くして、腹直筋もカットが有り、良く絞り込んで調整して来た。 今後、三角筋と下腿部の一回りのバルクアップが望まれる。

5位 竹脇 大樹(25歳・宮崎)

5位 竹脇 大樹(25歳・宮崎)

全日本大会初出場の選手。プロポーションが良く、三角筋のバルクもあり、腹直筋も6パックに割れ込んでいた。今後一回りのバルクアップとサイドアブドミナルでのポーズの姿勢を研究してほしい。

​メンズ ボディビル オーバー50

バルクの細矢選手が圧勝。

プレジャッジ

プレジャッジ

ポーズダウン

ポーズダウン

表彰式1
表彰式2

​表彰式

優勝 細矢 洋(58歳・群馬)

優勝 細矢 洋(58歳・群馬)

このクラスではバルクは圧倒的で、上腕の太さ、広背筋の厚みと広がり、大腿部のバルクは群を抜いていた。今年は調整が良く絞り込んで腹直筋も薄っすらとカットが出ており、全審査員が1位票を入れた。 今後、あともう少しの絞り込みで腹直筋が6パックに割れ込むのと、ポーズの研究をしてほしい。

2位 板 谷 英之(53歳・福岡)

2位 板 谷 英之(53歳・福岡)

全日本大会初出場の選手。バランスが良く全体的にまとまっており、ポーズも上手で腹直筋のカット、バックポーズでの広背筋の広がりも良くスケールの大きさを見せていた。

3位 田中章一郎(59歳・宮崎)

3位 田中章一郎(59歳・宮崎)

上位との差は僅差。バックポーズでの広背筋の広がり、カット共に良く腹直筋のカットもあった。今後、もう一回りバルクアップしたら更に上位入賞も確実。

4位 藤本 義和(52歳・福岡)

4位 藤本 義和(52歳・福岡)

バルクは十分で昨年よりは調整良く絞り込まれていたが、後もう一絞りほしかった。バックポーズでの広背筋の広がりも良く、ポージングも上手であった。来年は上位入賞を期待する。

メンズ ボディビル オーバー60

カットの関、バルクの後藤、プレジャッジ、ファイナル共に同点。

プレジャッジ
ポーズダウン1
ポーズダウン2

プレジャッジ

ポーズダウン

表彰式2
表彰式1

​表彰式

優勝 関 一志(65歳・広島)

優勝 関 一志(65歳・広島)

肌も黒くして絞り込んで来た。全身のバランスが良く腹直筋も6パックに割れ込み、バックポーズでの広背筋の広がりも良かった。又、全体的に細く見えるが大腿部は正面、内側の縫工筋、側面のカット共にしっかり見えていた。ポーズも上手で表現力豊かであった。

2位 後藤 徳仁(62歳・宮崎)

2位 後藤 徳仁(62歳・宮崎)

全日本大会初出場の選手。バルク、ディフニション共にすぐれバックポーズでの広背筋の広がりもあり、大腿部のカットも良かった。カットを取るかバルクを取るかで審査も2分された。あともう少しのカットがあったら優勝か。来年期待したい。

3位 岡野 祥久(62歳・岡山)

3位 岡野 祥久(62歳・岡山)

久しぶりの大会出場。バランスが良く調整も良かったが、腹直筋などあと少しのカットがほしかった。来年を期待する。

メンズ ボディビル オーバー70

矢田部、田浦、両選手の争い。プレジャッジ、ファイナル共に同点。

表彰式1
表彰式2
プレジャッジ

プレジャッジ

ポーズダウン

ポーズダウン

​表彰式

優勝 矢田部 立身(75歳・山口)

優勝 矢田部 立身(75歳・山口)

肌も黒くしてバランスが良くバルクもあり、バックポーズでの広背筋の広がりも良かった。欲を言えば、大腿部のバルクと全体的にカットがほしい。

2位 田浦 清則(70歳・埼玉)

2位 田浦 清則(70歳・埼玉)

本連盟初出場の選手。このクラスではバルクは一番良く腹直筋もカットが出ていた。バックポーズでの背の広がり、大腿部は大腿直筋、内側広筋、外側広筋、下腿部は腓腹筋の内側、外側とバルク、カット共に良かった。審査員票は矢田部選手と同点だった。今後、もう一絞りして腹直筋が6パックに割れ込んだら、もちろん優勝。

3位 中嶋 章雄(70歳・東京)

3位 中嶋 章雄(70歳・東京)

昨年よりも調整が良く、よく絞り込まれていたが、あともう一絞りほしかった。バルクは十分なので来年は優勝を目指して頑張ってほしい。

4位 島田 勝盛(77歳・福岡)

4位 島田 勝盛(77歳・福岡)

バランも良く、大腿部はカットが出ていた。プレジャッジでのリラックス サイドポーズで片手を高く挙げ過ぎているのでポーズの研究もしてほしい。

5位 横田 健二(71歳・福岡)

5位 横田 健二(71歳・福岡)

全体的にまとまっており、バックポーズでの広背筋の広がり、カット共に良かった。

ベストポーザー賞

﨑田

石川

メンズ ボディビル   清  尾  亨

ウイメンズ ボディシェイプ 石 川 千 晶 ・ メンズ フィジーク 﨑 田 勝 紀

福岡オープン メンズ ボディビル

プレジャッジ

プレジャッジ

表彰式

表彰式

優勝 吉椿 秀生

優勝 吉椿 秀生

2位 関 一志

2位 関 一志

3位 廣田 健一郎

3位 廣田 健一郎

4位 坂 剛典

4位 坂 剛典

5位 山崎 巽多郎

5位 山崎 巽多郎

6位 金城 世剛

6位 金城 世剛

鹿児島オープン メンズ ボディビル

ポーズダウン1
ポーズダウン2
プレジャッジ

プレジャッジ

表彰式

表彰式

ポーズダウン

優勝 後藤 徳仁

優勝 後藤 徳仁

2位 小田原 雄一

2位 小田原 雄一

3位 板谷 英之

3位 板谷 英之

4位 田浦 清則

4位 田浦 清則

鹿児島オープン メンズ フィジーク

ポーズダウン

ポーズダウン

表彰式

表彰式

優勝 甲斐 文雄

優勝 甲斐 文雄

2位 鳥越 公平

2位 鳥越 公平

3位 坂 剛典

3位 坂 剛典

4位 松本 響

4位 松本 響

​★

​★

メンズ ボディビル オーバーオールは清尾選手が5連覇したが、上位4選手はほぼ横一線。優勝するには何が足りないかを見つけ出し、弱点克服と調整で来年も大激戦を期待する
 

今大会もポーズが上手でアピール性の高い選手もいたが、更なるポーズの研究、練習で自己の表現力をアップし、観客を魅了してほしい。
 

メンズ ボディビル マスターズクラスの出場選手は少ないが、年々レベルアップしている。特にオーバー70の上位選手はほぼ互角。高齢者のトレーニング人口も増加しているので体調管理をしっかりして来年は多数の出場者を期待する。
 

本連盟の理念を理解、賛同してもらい、多数の選手が出場するよう組織拡大に連盟役員一同頑張って行きます。
 

ナチュラル100%の理念の下、本大会においても審査員の投票により3名の選手にドーピングテスト(尿検査)を実施しました。
検査結果は全員陰性でした。

​全日本ナチュラルボディビルディング連盟の理念

過去(使用したことがない)

現在(使用していない)

未来(これからも使用しない)

​ナチュラル100%の選手達の集まりです。

※全日ナボ連は全日本大会など公認大会において毎年ドーピングテスト(尿検査)を実施しています。

​全日ナボ連は反ドーピングの理念の下、薬物など一切の使用を認めません。

​全日本ナチュラルボディビルディング連盟の理念

​全日ナボ連は反ドーピングの理念の下、薬物など一切の使用を認めません。

過去(使用したことがない)

現在(使用していない)

未来(これからも使用しない)

​ナチュラル100%の選手達の集まりです。

​※全日ナボ連は全日本大会など公認大会において毎年ドーピングテスト(尿検査)を実施しています。