A.N.N.B.B.F.   2018年
第62回 全日本ボディビルディング選手権大会
第35回 福岡オープンボディビルディング選手権大会

平成30年10月21日(日)    北九州市・コムシティ7F
                     子どもの館ホール

挨   拶

全日本ナチュラルボディビルディング連盟 理事長

高 橋   威

 2018年第62回全日本ボディビルディング選手権大会と第35回福岡オープンボディビルディング選手権大会を北九州市において開催されるにあたり、ご挨拶申し上げます。1954年から活動をはじめボディビルディング並びにウェイト・トレーニングの普及発展を図り、日本国民の体位向上と健康作りに広く貢献していくことを目的として活動を続けてまいりました我が全日本ナチュラルボディビルディング連盟も64年の歳月を迎えました。

 近年、わが国においては、少子、高齢化、余暇時間の増大などの急速な社会変化に伴い、生涯トレーニングの必要性が益々重要になってきているとともに、オリンピックをはじめとする世界的な各種大会では、競技力向上などが大きな課題となっております。

 ボディビルディングやウェイト・トレーニングが競技スポーツにおける競技力向上や、また、一般の方の基礎体力作りにおいて大きく寄与している現在、益々本連盟の意義と役割が大きくなってまいりました。このような中で、全日ナボ連はボディビルディング並びにウェイト・トレーニングを通して社会に寄与できる心身の調和が取れた選手の育成をはじめ、あらゆるスポーツの基礎体力を作り競技力向上に寄与するとともに、すべての人々の躍動感あふれる健康づくりに貢献することを目指し活動を展開して参りたいと思います。

 最後になりましたが、本大会開催にあたり、ご尽力いただきました関係各位の皆様方、並びに各方面より寄せられました多大なご厚情、ご支援に対し心より深く感謝を申し上げまして大会の挨拶とさせていただきます。

挨   拶

全日本ナチュラルボディビルディング連盟 副理事長

 私共の連盟は日本においてボディビルディングが知られ始めた昭和29年に、関西の地において発足し、それから64年の歳月をへて今日ここに第62回全日本大会、第35回福岡大会を開催致します。1昨年から名称も全日本ナチュラルボディビルディング連盟と変更し、ナチュラル100%の反ドーピングの理念の下、正しいボディビルディングの発展、普及を願い、我が連盟は元より日本のボディビル界の発展の為に役員一同、一致団結して頑張ってまいります。
 本大会の開催にあたり、御後援、御協賛、御協力をいただきました関係者、スタッフの皆様に深く感謝し、心から厚く御礼申し上げます。

2018年第62回全日本ボディビルディング選手権大会と第35回福岡オープンボディビルディング選手権大会をここ北九州市で開催出来る事は関係者にとりましてこの上ない喜びであります。
 本日出場される選手の皆様は競技スポーツとしてのボディビルディングを目指し自己の限界まで筋肉を鍛えあげ節制された食生活の中、今日ここに筋肉美を披露し会場の皆様に感動を与えてくれる事と思います。
 バーベル、ダンベル、トレーニングマシンといった器具を使った筋力トレーニングは、ボディビルディングの他各スポーツ競技の選手が体力作りや競技力向上の為行なうものや、老若男女目的に応じて健康作り、体力作り、精神力作りと生涯スポーツの振興に大きく寄与しております。

鮫 島  康 夫

大会結果
大会総評

    全日本ナチュラルボディビルディング連盟

     副理事長

     審査委員会委員長

     大会実行委員長
      鮫島 康夫

 全日本ナチュラルボディビルディング連盟の歴史は、1954年(昭和29年)関西 ボディビル協会の発足に始まり、その後、全日本ボディビル協会~I.F.B.B. JAPAN~日本ボディビルダーズ連盟~日本ボディビルディング連盟~そして全日本ナチュラルボディビルディング連盟と名称を改め、64年の歴史を誇ります。

 本連盟は反ドーピングの理念の下、薬物など一切の使用を認めません。

過去(使用した事がない)現在(使用していない)未来(これからも使用しない)ナチュラル

100%の選手達の集まりです。毎年ドーピングテスト(尿検査)を実施しています。

 今回、第62回 全日本ボディビルディング選手権大会と第35回 福岡オープンボディビルディング選手権大会を、福岡県北九州市・コムシティ7F 子どもの館ホールに於いて盛大に開催致しました。

大会写真

開会式

大会会長挨拶
選手宣誓
もっと見る
集合写真
もっと見る

​画像をクリックすると拡大できます。

​メンズ ボディビル オーバーオール

大腿部とバックポーズの清尾、圧倒的な上半身の小野、バランスが良く腹直筋、前鋸筋の山田、大腿部、下腿部の知念の4選手が横一線の争い。

①プレジャッジ
②プレジャッジ
もっと見る
③プレジャッジ
④プレジャッジ
もっと見る
⑤ポーズダウン
⑥ポーズダウン
もっと見る
⑦表彰式
⑧表彰式
もっと見る

優勝

清尾 亨

(51歳・福岡)

今年も大腿直筋、内側広筋、外側広筋とバックポーズでの広背筋、三角筋後部の細かいカット、大殿筋、ハムストリングスに至るまで圧巻だった。

決して上半身のサイズは大きくはないが、三角筋と上腕部のセパレーション、上腕二頭筋長頭のピークも良く、ポーズを決めると密度のある細かいカットが浮き出てくる。4連覇を達成、来年は本連盟の記録である5連覇へ挑戦してほしい。

2位

小野 幸重

(47歳・大分)

上半身は三角筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋とバルク、ディフニション、カット、セパレーションに至るまで他の選手より抜きん出ており、バックポーズでの広背筋の広がり、カットも良かった。大腿部は毎年改善されて来ており、今年はカットも出ていた。上半身の正面は清尾選手より勝っており背面もほぼ互角だったが、上半身と下半身のバランスを考えたら大腿部、下腿部の腓腹筋に至るまでもう1回りのバルクアップが必要。又、サイドポーズで審査員に良く見せる為に上体をひねり、見せる角度を工夫してほしい。来年こそは念願のチャンピオンのタイトルを獲得してほしい。

​3位

山田 義徳

(58歳・宮崎)

バランスが良く、肌も黒くして全体的に良くまとまっていた。
特に腹直筋は6パックに深く割れ込み、前鋸筋共に他の選手より勝れていた。上腕二頭筋、上腕三頭筋はバルク、カット共に良く、マスキュラーポーズでの僧帽筋も目を引き付けた。三角筋と上腕部のセパレーション、大腿部の内側広筋、外側広筋も改善され、これと言った欠点はないので今後更なる密度のある細かなカットが出たら迫力が増すと思う。
ポーズも上手で今年もベストポーザー賞に輝いた。

​4位

知念 康成

(47歳・沖縄)

本連盟へ初参加の選手。バルク、ディフニション共に良く、特に大腿部のバルク、カット、ハムストリングス、下腿部の腓腹筋は群を抜いていた。広背筋の広がりも良く腹直筋も6パックに割れ込んでいた。欲を言えば、もうひと絞りして細かいカットを出し、肌を黒くして来たらトップと互角に戦えたと思う。来年が楽しみな選手。

5位

崎浜 良雄

(66歳・山口)

全日本大会の出場は最多で、常にメンズ ボディビル オーバーオールに出場し上位入賞を果たしている現役最古参の選手。今年も健在ぶりを発揮してくれた。腹直筋も深く割れ込み大腿部のカットも良かった。今後もオーバーオールの部での連続出場と上位入賞の頑張りを期待する。

​6位

相星 徹弥

(46歳・宮崎)

大腿部を始め全体的にバルクアップしたのか大きく見えた。腹直筋も6パックに割れ込み前鋸筋に至るまでカットがあり、三角筋と上腕部とのセパレーションも良かった。フリーポーズでの座ってのサイドポーズの前足は踵を上げて腓腹筋の内側頭を見せて、後足は指を伸ばした方が形良く見えるので研究してほしい。

​7位

川名 勝克

(52歳・宮崎)

今回は例年になく絞り込んで調整が上手くいった感じだった。

元来、バルクは十分な選手で上腕二頭筋、上腕三頭筋と広背筋の広がり腹直筋の6パックも深く割れ込みカットが出ていた。今後上位入賞を果たすには大腿直筋、内側広筋、外側広筋のバルクアップとカットが必要。

8位

小田原 雄一

(39歳・宮崎)

今大会一番の大躍進の選手。バランスが良く、バックポーズでの広背筋の広がり、カット共に良く目についた。

​9位

香月 速夫

(62歳・福岡)

今回もユニークなポーズで会場を沸かせていた。調整が良かったのか腹直筋も6パックに割れ込み、健在ぶりを発揮してくれた。大胸筋のバルク、上腕二頭筋、上腕三頭筋のセパレーション、大腿部のカットも良かった。欲を言えば、バックポーズでの広背筋の広がりがほしい。

​10位

吉椿 秀生

(43歳・福岡)

プロポーション、バランスと良く腹直筋も6パックに割れ込み、バックポーズでの広背筋の広がり、カット共に良かった。今後もう1回りのバルクアップが望まれる。

Show More

入賞出来なかった「内海 茂(69歳・大阪)」は、上腕二頭筋、上腕三頭筋はバルク、ディフニション、セパレーションと共に良く、得意ポーズのサイドトライセプスでの上腕三頭筋の長頭、外側頭の盛り上がりは健在であった。オーバーオールで入賞するには腹直筋の6パック、大腿部の更なるカット、バックポーズでの広背筋の広がりが必要。

「山崎  巽多郎(48歳・福岡)」は、バルクは十分だが、毎年、毎回審査委員長の総評で述べているが腹直筋のカットが出ない。思い切り絞り込み6パックが深く割れ込む位調整したら全身のカットも浮き出てくると思う。来年期待している。

「石田 智洋(37歳・福岡)」は、バルクは十分で肩幅も広く、バックポーズでの広背筋の広がりも良かった。大腿部も大腿直筋、内側広筋、外側広筋とカットが出ており、他の選手にはあまり見られないサイドポーズでの大腿部横の大腿四頭筋と大腿二頭筋の分かれ目のセパレーション、カットが深く割れ込んでいた。今後、上腕部のバルクアップと絞り込んで肌を黒くして調整出来たら十分に入賞出来ると思うので来年を期待する。

ウィメンズ ボディシェイプ

山田、貫録で圧勝。

優勝

山田 佳子

(57歳・宮崎)

他の3選手と比べ腹直筋の6パック、大腿直筋、縫工筋のカット、バックポーズでは広背筋の広がり、カット共に群を抜いていた。

全審査員が1位票をつけ文句なしの優勝。

​2位

藤本 典子

(55歳・福岡)

調整良く絞り込んで来て腹直筋も6パックに割れていた。

今後の課題は、フロントポーズでは三角筋の厚みと丸み、大腿部はカットの見えるレッグライン、サイドポーズでは上体をひねり、上半身、ウエスト、ヒップラインを強調、バックポーズでは広背筋の広がりで逆三角形のVラインが出るようにトレーニングと調整に励んでほしい。

3位

石川 千晶

(36歳・宮崎)

トレーニング歴は浅いが、全身のバランス、プロポーションが良くポーズも上手で曲とのマッチ、リズム感が良くベストポーザー賞に輝いた。

今後、レジスタンストレーニングで鍛え込み腹直筋、大腿部、バックポーズでの広背筋のカットが出たら今後楽しみな大型新人。

​4位

伊賀 三由紀

(29歳・高知)

鍛え込まれた身体で、フロントポーズでは三角筋の厚みと丸み、バックポーズでは広背筋の広がり、逆三角形のVラインも出ておりサイドポーズなど上体をひねり上半身、ウエスト、ヒップラインを上手に見せてポーズも上手だった。欲を言えば、腹直筋の6パック、大腿部にカットが見える引き締まったレッグライン、丸く引き締まり盛り上がったヒップになるまでトレーニングと絞り込みでシェイプアップされたら十分優勝を狙える逸材だ。来年は期待している。

​メンズ フィジーク

﨑田、田中、井上の僅差の争い。

優勝

﨑田 勝紀

(37歳・宮崎)

腹直筋は6パックに割れ込み前鋸筋もカットがあった。三角筋は前部、中間、後部とバルクがあり、広背筋の広がりも良かった。ポージングも余裕があり、様になっていた。

2位

田中 ルーク

(47歳・宮崎)

全体的にまとまっており、﨑田選手同様、腹直筋は6パックに割れ込み前鋸筋もカットがあった。欲を言えば、大胸筋の縦、横の長さが広いせいか薄く見えるのでバルクアップして厚みを出してほしい。

4位

石打  誠

(40歳・福岡)

全身のバランス、プロポーションが良く身体が大きく見える初参加の選手。腹直筋もカットがあり、バックスタンスでは広背筋の広がりも良く目に付いた。肌を黒くし調整次第では十分優勝を狙えると思うので今後の頑張りを期待する。

3位

井上 大輔

(46歳・兵庫)

肌も黒くして6パックに割れ込んだ腹直筋、カットの出ている前鋸筋と良く絞り込んで調整して来た。今後、三角筋全体のバルクアップとサイドアブドミナルポーズでの後足はベタ足ではなく踵を上げた方がバランス良く見えるのでポーズの研究もしてほしい。

5位

石橋 和樹

(20歳・福岡)

トレーニング経験は1年と浅いが将来楽しみな選手。今回の初出場を期に来年もチャレンジしてほしい。

​メンズ ボディビル オーバー50

永田、田中の争い。腹直筋のカットで永田選手に軍配。

​優勝

永田 康隆

(57歳・福岡)

バランスが良く、全身のシルエットが絵になっていた。腹直筋を始め、広背筋の広がり、カット共に良く全体的にまとまっていた。

肌をもう少し黒くしたらもっと迫力が出たと思う。

​3位

細矢  洋

(57歳・群馬)

このクラスでは上腕の太さ、広背筋の厚み、大腿部のバルクと圧倒的に群を抜いていたが、全体的にカット、セパレーションが無く、腹直筋は全く見えなかった。審査ではディフニション、セパレーション、カットの選手に対しバルクをどれだけ評価するかで悩む選手の1人だ。腹直筋が6パックに割れ大腿部のカットが見られたら、もちろん優勝。又、サイドポーズではベタ足ではなく、片足の踵を上げ腓腹筋の外側頭のカットを見せる工夫もほしい。

2位

田中 章一郎

(58歳・宮崎)

永田選手同様、全体的にまとまっており、サイドチェストのポーズでは大胸筋の中心部のカットが目に付いた。バックポーズでの広背筋の広がりもあり、マスキュラーポーズも迫力があった。腹直筋もカットが見えていたが、アブドミナル&サイ ポーズではポーズの取り方が悪いのか強調出来ていなかった。

4位

米倉 秀之

(59歳・福岡)

ディフニション、セパレーション、カット共に良く腹直筋も6パックに割れていた。

特にサイドポーズは様になって上手に表現出来ていた。今後、バルクアップと共に広背筋の広がりを出し逆三角形のVラインの体形を期待する。

​5位

髙岡  正

(57歳・福岡)

初参加の選手。腹直筋、前鋸筋とカットがあり、バックポーズでの広背筋のカットもあった。肌を黒くし迫力が出たらもっと上位への入賞もあった。

​6位

藤本 義和

(51歳・福岡)

バルクがありバックポーズでの広背筋の広がりなど良かったが、調整が甘くもっと絞り込んでカットが出たら上位への入賞もあるので頑張ってほしい。来年期待している。

メンズ ボディビル オーバー60

松永、関の僅差の争い。

​優勝

松永 榮八郎

(65歳・福岡)

肌も黒くして腹直筋の割れ込み、大腿部は大腿直筋、縫工筋、内側広筋、外側広筋とカットは圧倒的で目を引き付けた。

欲を言えば、大胸筋のバルクアップが望まれる。

​2位

関  一志

(64歳・広島)

松永選手と甲乙つけがたく、ほぼ互角の戦いであった。

全身のバランスが良く、腹直筋も6パックに割れ、大腿部もカットが出ていた。ポーズも上手で全体的にまとまり、これと言った欠点はなかったが、松永選手と比べ後もう少しのカットがほしかった。

3位

村越 信市

(62歳・青森)

このクラスではバルクは1番。広背筋の広がりも良かったが、もう1絞りしてカットを出し、肌を黒くしたら優勝を争えると思う。来年期待している。

4位

中嶋 章雄

(69歳・東京)

バルクはあるので、絞り込んで腹直筋が6パックに割れ込む位調整出来たら上位入賞も十分あると思う。来年期待している。

5位

小林 正典

(61歳・京都)

調整不足か。バルクはあるので、腹直筋のカットが見える位絞り込んでほしい。来年期待している。

メンズ ボディビル オーバー70

福島、バルク、ディフニション共に勝れ圧勝。

​優勝

福島 親男

(71歳・長崎)

バルク、ディフニション共に良く、上腕部の太さ、バックポーズでの広背筋の広がりも良くポーズも上手だった。

3位

横田 健二

(70歳・福岡)

バランスが良く、肌も黒くして来ていた。腹直筋のカットが出ていたらもっと上位へ入賞出来ると思う。来年も頑張ってほしい。

​2位

矢田部 立身

(74歳・山口)

バルクは十分あるので腹直筋の6パック、大腿部のカットが出る位調整が上手く出来たら優勝は十分狙えるので来年も頑張ってほしい。期待している。

​4位

中村  博

(70歳・福岡)

もう少しのバルクアップとバックポーズでの広背筋の広がりがほしい。肌も黒くして来年も頑張ってほしい。

ベストポーザー賞

メンズ ボディビル      山田 義徳(宮崎)

ウイメンズ ボディシェイプ  石川 千晶(宮崎)

福岡オープン

★ メンズ ボディビル オーバーオールの上位4選手はほぼ横一線、誰が大会当日に

 ピークを合わせて来たかで順位は入れ替わる。

 来年の戦いは表彰台を下りた時点で始まっている。

  若干の弱点克服と調整で来年も大激戦を期待する。

 

★ 今大会ポーズが上手で、アピール性の高い選手も何名かはいたが、もっとポーズの

 研究、練習で自己の表現力をアップし、観客を魅了してほしい。

 

★ メンズ ボディビル オーバー70クラスも年々レベルがアップしている。高齢者の

 トレーニング人口も増加しているので来年は多数の出場者を期待する。

★ ナチュラル100%の理念の下、本大会においても審査員の投票により5名の選手に

 ドーピングテスト(尿検査)を実施しました。

  検査結果は全員陰性でした。

★ 全日ナボ連は、反ドーピングの理念の下、薬物など一切の使用を認めません。

 

過去(使用したことがない)

現在(使用していない)

未来(これからも使用しない)

​全日本ナチュラルボディビルディング連盟の理念

​全日ナボ連は反ドーピングの理念の下、薬物など一切の使用を認めません。

過去(使用したことがない)

現在(使用していない)

未来(これからも使用しない)

​ナチュラル100%の選手たちの集まりです。

※全日ナボ連は全日本大会において毎年ドーピングテスト(尿検査)を実施しています。